イベント情報

イベント情報

「フォーラム」の最近のブログ記事

テクノネット久留米企業説明会2017

久留米高専の技術振興会で、福岡県、佐賀県に本社・支社を置く約80 の会員企業からなる
テクノネット久留米が初めて企業説明会を開催します。
地元にはどんな企業があるか、企業の方から直接話を聞き、今後の進路選択の一助にしてください。

techonet2017.jpg

[対 象] 平成30 年3 月卒業・修了予定の久留米高専学生

[主 催] テクノネット久留米

[共 催] 久留米高専産学民連携テクノセンター、就職担当委員会

[開催日] 平成29 年3 月10 日( 金)

[時 間] 13 時30 分‐16 時[ 受付13 時開始]

[場 所] T2 教室[ 産学民連携テクノセンター棟2 階]

[参 加] テクノネット久留米会員企業11 社

栄電舎/ 北原ウエルテック/ 古賀歯車製作所/ 三松/ 昭栄化学工業/ 創世エンジニアリング

大電/ 武井電機工業/ タンガロイ/ テクノ月星/ ノリタケカンパニーリミテド(50 音順)

[申し込み方法]

下記申込書を学生課に投函するか、必要事項をお書きの上、企画情報係メールにてお申込下さい。

テクノネット久留米企業説明会2017参加申込書

企業の方と直接話すことは就職活動を行う上で、貴重な経験になると思います。

学生のみなさん、参加をお待ちしております。

日本の将来を担うべき小・中学生の理科離れが指摘され,技術立国日本の将来が危惧されて
おり、子供たちに理科の面白さを知ってもらおうという試みが大学や高専で実施されています。
小中学校では,総合的学習の時間などを取り入れた「ゆとり教育」が見直され,確かな学力確
立のための授業時数の確保を目指した新学習指導要領に移行しつつあります。
地域の科学教育支援に関しても、従来形式の取り組みだけではなく、文科系とのジョイントや
個人や各種団体との連携を基盤とする支援等新たな試みが行われています。
本シンポジウムでは,そのような地域の理科教育およびその支援を取り巻く新たな流れに関し
て講師の先生からご講演および事例紹介を頂くと同時に、参加者相互のネットワーク作りを目指
しています。皆さまの参加をお待ちしています。

開催日時:平成24 年12 月25 日(火)(13:00~17:00)
会 場:福岡大学図書館 多目的ホール
(〒814-0180 福岡県福岡市城南区七隈8 丁目19−1)
参加費:無料

基調講演
講演1: 「理科における新学習指導要領の要点とそのねらい(仮題)」
増子寛 (元・麻布中・高等学校教諭,日本物理教育学会理事/島津理化テクニカルアドバイザー)
講演2: 「科学の本を読みましょう ― 理科読のすすめ ー」
滝川洋二 (東海大学教育開発研究所所長,NPO 法人ガリレオ工房 理事長
NPO 法人 理科カリキュラムを考える会 理事長)

ほか

 

地域の科学教育・支援を取り巻く新しい潮流.pdf

九州沖縄地区9高専が保有する未公開特許を、発明者自身が企業関係者を対象に、実用化を展望した技術説明を行い、広く実施企業・研究パートナーを募集します。

 本校からは松本 光広助教(制御情報工学科)が『曲面鏡を用いた二次元測距装置の三次元化機構』と題して発表を行う予定です。

案内・申込みパンフレット:新技術マッチングフェア2012.pdf

熊本高専ホームページ:http://www.kumamoto-nct.ac.jp/announce/2012/08/singijyutu2012/

◆モノづくりフェア2012での案内、申込

http://www.nikkanseibu-eve.com/mono/

http://www.nikkanseibu-eve.com/mono/seminar/

新技術マッチングフェア2012.jpg

 

◇『モノづくりファエ2012』(10/24~10/26)の「産学官連携・団体コーナー」に、九州・沖縄地区高専の展示ブースもございますので、ぜひお立ち寄りください。

 「酒蔵から始まる!新美・食 ~地域資源との新たな出会いと創造~」をテーマに基調講演、パネルディスカッションを行うほか、ふるさと料理人の藤 清光 氏を招いて料理ライブを行います。

本校からは「3Dプリンターによるオリジナル日本酒ボトルの試作」と題し、ブース展示を行います。

ご来場をお待ちしております。

開催概要・申込書等:techno-sakagura.pdf

 

techno-sakagura.jpg

五感を通して遊びながら学ぶことができる参加・体験型イベントで、高校や大学の理科教室の協力を得て、科学の面白さ、不思議を体験できる科学の広場となります。
また、久留米は“ウチュウスペシャル”と題して、宇宙に関連した発表やプログラムを行います!

高等教育コンソーシアム久留米の小中高連携として、本校からは3月10日(土)の【体験】サイエンス・スペースラボの①『実験で納得 光通信のふしぎ -光で声や音を飛ばしてみよう-』を行います。

当日は実際に光通信を行えるキット(下の写真のキット)の作成を通して、光通信の仕組みを学びます。家でも遊べますので、奮ってご参加ください。

開催概要等:scienceplaza.pdf

 

福岡青少年科学館:http://www.science.pref.fukuoka.jp/

SAFnet:http://www.safnet.jp/

 

scienceplaza.jpg

hikarikit.JPG光通信キットの作成例です。

 2007年に福岡で初めて開催されたモーターショーは、九州で唯一のモーターショーとして定着し、今回で第3回目を迎えることになります。

 開催期間中、福岡国際会議場にて今年も本校からエコパワー愛好会(顧問:中武准教授(機械))が学生製作車両 (エコランカー)の出展をします。

 奮ってご参加ください。

 開催概要等:fukuoka-motorshow.pdf

 

 詳しい内容や申込みについてはこちらからどうぞ。

motorshow2012_banner.gif

 

【1月12日追記】

 アジアンビートサイト内福岡モーターアワード2012の公式ページにて学生車両展に出展する15校の車両の人気投票がはじまりました。

 本校の学生車両もエントリーしていますので、是非ご覧になってください。

久留米工業高等専門学校 産学民連携テクノセンター

Copyright © 2011 Kurume-NCT Regional Collaboration Technology Center, All Rights Reserved.